東京都杉並区 和田三丁目東町会

和 田 三 丁 目 東 町 会 会 則


第 1 条 (名称)
 この会は、和田三丁目東町会という。
第 2 条 (目的)
 この会は、会員相互の福祉と親睦を図り、地域の安全と安心を促進し、
生活の向上を期することを目的とする。
第 3 条 (組織)
 この会は、前条の目的を達成するため、次の部を設けて役員らが分担遂
行する。
   1.総務部     2.福祉・厚生部
   3.文化・青年部  4.防災・防火部
   5.防犯・交通部  6.広報部
   7.その他会の目的を達成するために必要な事業
 2 各部の事業を円滑に実施するため、会員の居住地域を、適正規模な
班に区分する。
第 4 条 (事務所)
 この会の事務所は、会長宅に置く。
第 5 条 (会員の資格)
 会員は、和田三丁目東町会地域内に居住する世帯(アパート・マンショ
ン等の独身居住者も含む。)の世帯主および地域内にある事業所・法人等
とする。
第 6 条 (会員の権利)
 会員は、いつでも会の運営について提言し、または会の事務に関する書
類、帳簿などを閲覧することができる。
第 7 条 (会員の義務)
 会員は、会費として毎年7月末までに、別に定める金額を納めるものと
する。ただし、一旦納入した会費は、脱会その他いかなる場合でも返還
しない。
第 8 条 (役員の構成)
 1 この会に、次の役職を置く。
   1.会 長  1名   2.副会長  3名
   3.会 計  2名   4.監 査  2名
 2 役員の総数は、25名以内とする。
第 9 条 (役員等の選任)
 1.役員は、会員の中から役員会において推薦し、総会で選任する。
 2.役員に欠員を生じたときは、役員会の決議を経て補欠役員を委嘱し、
次の総会で承認を求める。
 3.班の円滑な運営を期するため、各班に班長を置く。班長は、班を構
成する会員の互選で定め、会長が委嘱する。
第 10 条 (役員の任期) 
1.役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
 2.補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。
 3.役員は、任期満了後も、後任者の就任まで、引き続き職務を行う。
第 11 条 (役員の職務)
 1.会長は、本会を代表し、会務を総括する。
 2.副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときはその会務を代行
する。
 3.会計は、会費の収納、行事費その他の収支決算等、会計に関する一
切の事項を処理する。
 4.監査は、会計事務および業務の執行を監査する。
 5.役員は、各部に属し、重要会務の審議と、その事業の計画立案およ
び執行にあたる。
 6.班長は、各班に関する業務を処理する。
第 12 条 (会議の種類)
 会議は、総会(定時総会および臨時総会)および役員会とする。
第 13 条 (総会)
 1.総会は、会長が招集する。
 2.総会を招集する場合には、開催日の5日前までに、日時・場所およ
び付議すべき事項を、会員に通知しなければならない。
第 14 条 (議長)
 総会の議長は、会長の指名により出席者の同意を得て選出する。
第 15 条 (議事録)
 総会の議事録は、議長が指名する役員が作成し、次の事項を記載して、
議長および出席会員2名以上が、これに署名捺印する。
  1.総会の日時および場所
  2.会員数および出席会員数
  3.議事の概要
  4.議決事項および賛否の議決数
第 16 条 (定時総会)
 定時総会は、毎年1回5月末日までに開催し、事業報告、収支決算報告
および次年度の収支予算案、その他の重要事項の審議を行い、議決する。
第 17 条 (臨時総会)
 臨時総会は、次の場合に開催する。
  1.役員会の決議によるとき。
  2.会員が、その3分の2以上の同意を得て会議の目的を示し、開催
の請求をしたとき。
第 18 条 (議事)
 1.総会は、会員の5分の1以上の出席(委任状による出席を含む。)が
なければ、開会する事が出来ない。
 2.総会の議事は、出席会員の議決権(委任状提出者を含む。)の過半数
で決める。賛否同数のときは、議長の決めるところによる。
第 19 条 (役員会)
 1.役員会は、会長、副会長およびその他の役員で構成する。
 2.役員会は、会長が随時招集し、会の運営に必要な事項を、審議して
決める。
第 20 条 (顧問および相談役)
 会長は、役員会の議を経て、この会に対する功労者および学識経験者か
ら、顧問または相談役を選び、総会にはかって委嘱することができる。
第 21 条 (会計年度)
 会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第 22 条 (資産および会長印の保管)
 この会の資産および会長印は、会長が保管する。
第 23 条 (経費)
 1.この会の経費は、会費・寄付金その他の収入をもって充てる。
 2.役員が、町会業務の為に負担した経費は、実費精算とする。
第 24 条 (会費)
 1.この会の会費は、月額100円とし、年額1200円の一括払を原
則とする。
 2.必要がある場合は、役員会の決議を経て。特別会費を定めることが
できる。
第 25 条 (会則の変更)
 この会則は、総会において出席会員の議決権(委任状提出者を含む)の
4分の3以上による決議がなければ、変更することができない。
第 26 条 (帳簿)
 この会に、次の帳簿を置く。
  1.会員名簿    2.会議記録簿
  3.金銭出納簿   4.財産台帳
  5.その他
第 27 条 (慶弔)
 会員およびその家族に対しての慶弔は、次により行う。
  1.会員またはその同居家族の死亡に対する弔慰金3000円。
  2.その他役員会において必要と認めた場合は、特別の慶弔見舞等を
行うことができる。

 昭和52年 7月 6日 制定
 平成13年 5月17日 一部改正
 平成22年 5月31日 全面改正

 

 

 

 

自治会・町会メニュー

スポンサーページ

リンクページ